心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

防災について

台風防災マニュアル・子連れのグッズ・竜巻が起こった時の備え

投稿日:2017年7月16日 更新日:

台風防災マニュアル

 

台風が近づくことが増え、各地の被害などがテレビで映ると

ウチは大丈夫??

って、思いますよね。
しかも小さいお子さんがいたりしたら
尚更不安です。
いざという時の為に備えは必要ですが、
実際に何をどうしたらいいのか
防災グッズは何があると良いのか、
イマイチわからなかったりします。

今回は台風の防災マニュアルでやっておいた方がいいこと、
小さい子どもがいるの場合の防災グッズ、
台風による竜巻が発生した場合の備えについて
ご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

 

台風防災マニュアル やっておいた方がいいこと

 

もし、ご自分の住んでいる地域が台風の通過経路にあるとわかったら、
やっておきましょう!!

 

・外の排水溝が目詰まりしないように点検、掃除しましょう。

・ハザードマップの避難ルートと避難場所を確認しましょう。

・風で飛ばされそうなものはできるだけ屋内へ運びましょう。

・アンテナやポールは紐や針金で倒されないように固定しましょう。

・窓を締めて、鍵を完全に締めます。

・ガラスが飛散した時の為にカーテン・ブラインドは閉め、
ガラスにテープを貼る時は格子状(縦横)に貼ります。
更に外から板で補強すると尚良いです。

 

 

 

台風防災グッズ 小さい子どもがいる場合に用意するもの

 

まず基本の防災グッズはこちらです!

・現金  公衆電話用に小銭も用意。災害時テレホンカードは使えません。

・通帳、印鑑、カード

・ウェットティッシュ  100枚×5

・ロープ  屋外でテントを張る時用。

・ヘッドライト

・LEDランタン

・乾電池

・携帯ラジオ

・衣料品、生理用品

・ポリ袋大、中、小を各30枚  応急手当や水の運搬用に。

・救急セット

・簡易トイレ

・歩きやすい運動靴

 

小さいお子さんがいる場合には

・ミルク、哺乳瓶

・市販の離乳食やおやつ

・オムツ、お尻ふき

・帽子

・抱っこ紐

なども必要です。
避難する時は抱っこ紐で抱っこしながら動きましょう。
荷物はリュックか、肩からかけられるバッグに詰めましょう。

 

防災グッズは1年に一度中身を確認することも
大切です。

スポンサーリンク

 

 

台風の竜巻による防災の備えはどうしたらいい?

 

台風が近づくと竜巻も起こりやすい状態と言えます。
真っ黒い雲が近づいてきて急に暗くなったり、
雷が発生したり、
強い雨やひょうが降る状況だと
竜巻が起こりやすいので注意が必要です。

 

竜巻への備えはこちら。

・雨戸やシャッターを締める。

・物干し台は倒して物干し竿は地面に置く。

・屋根の瓦に破損はないか確認。

・エアコンの室外機やプロパンガスボンベは固定されているか確認。

・カーテンを締めておく。

 

 

もし本当に竜巻が見えたら

家にいる場合
・家の中心部に近い、窓の少ない場所へ移動(お風呂場やトイレ)

屋外の場合
・建物の最下階、もしくは地下鉄に避難
・頑丈な建物が近くにない時は、道路の側溝やくぼみに身を伏せ首と頭を守る。

車庫や物置などに避難するのは危険なので止めましょう。

 

 

 

台風防災マニュアル・グッズ・竜巻への備えまとめ

 

家にハザードマップが無い場合は、
国土交通省のハザードマップポータルサイトで
確認も出来ます。
台風情報や避難情報、竜巻発生情報は
随時チェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

-防災について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント

    お問合せはこちら