心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

育児のイベント

子供の習い事の費用うちの年収で払っていける?何個までOK?

投稿日:

子供の習い事、あれもこれもさせてあげたいけど、費用が心配。そんな家庭は多いのでは?習い事の月謝は、毎月定額かかるので固定費になりますよね。ぶっちゃけ、うちの年収で払っていけるの?ヒヤヒヤしているママもいるのではないでしょうか?年収別にかけていい習い事の費用や何個まで習ってOKなのか、ご紹介します!

スポンサーリンク

 

子供の習い事の費用月々いくらくらいかけてる?ランキングで紹介

3〜12才までの子供を持つ親800人を対象に、月々の子供の習い事費用を聞き、ランキングにした結果です。

習い事の費用ランキング

1位  5000〜10000円(272人)

2位  10000〜15000円(150人)

3位  5000円以下(120人)

4位  25000以上(115人)

5位  15000〜20000円(75人)

6位  20000〜25000円(58人)

全体の半数が、子供の習い事費用に一ヵ月10000円以上かけている結果でした。
年齢が上がるごとに比例して習い事費用も上がっています。

未就学児  8700円

小学1年  11700円

小学2年  12300円

小学3年  11700円

小学4年  13000円

小学5年  16500円

小学6年  16400円

中学生   20600円

小学校高学年頃になると、学習塾に通う子供が増える傾向があり、必然的に費用が上がっています。

 

 

 

子供の習い事は何個までって決めてる?

みんな習い事は一週間に何個までしているのでしょうか?
小学生の平均は、1.5個です。

意外と少ないでしょうか?
同じ習い事が週に2回以上ある場合もあります。
例えばスイミングは週に2回コースも用意されていますよね。
そうなると、一週間の半分以上が習い事に通っていることになります。

小学校に入ると毎日宿題も出るので、あまり習い事で予定を固めてしまうと時間の余裕がなくなってしまいます。
友達と遊ぶ時間も子供にとっては大切ですからね。
習い事は、2個までが限度ではないかと考える人が多いようです。
3個にする場合は、土日を活用するのがおすすめです。

 

習い事の内容としては、小学校4年生頃までは、運動能力や感性を伸ばす為にスイミングやサッカーなどの運動系や、ピアノや習字や英語などの語学・芸術系を習わせる家庭が多い傾向に。
また小学校高学年からは、受験や進学を視野に入れて学習塾に切り替える家庭が多いですね。

 

 

 

子供の習い事の費用は年収の何%までかけてOK?

スポンサーリンク

わが家の収入で、習い事を増やして大丈夫だろうか・・・
そんな風に心配になるママも多いのではないでしょうか?
習い事の月謝は毎月かかってくる固定費であり、個々の家庭によって違う上限がない出費でもあるので、無理が無い程度に収めたいですね。
実際、年収が上がるごとに習い事の費用も高くなるアンケート結果があります。

年収400万未満   13万円
年収400〜599万   18万円
年収600〜799万   22万円
年収800〜999万   28万円
年収1000〜1200万  32万円
(年額の子供の習い事費用)

 

子供の能力を伸ばしてあげたいと思うのは親心ですが、わが家の家計に無理のない支出なのか確認してから始めることが大切です。

年収から割り出す無理のない習い事費用の算出方法
年収額×80%×5%÷12=習い事費用(月額)

例えば、年収400万円(手取額)の場合
4,000,000×80%×5%÷12=13,333
一ヵ月当たり13,000円までであれば家計に無理がない程度の習い事費用となります。

目安は、収入の5%までが無理のない習い事費用と考えておきましょう。

 

 

 

子供の習い事の費用いくらまでかけてOKなのか?まとめ

子供が小学生の内は、あまりお金がかからない時期なので、就学資金を貯め時とも言われています。
中学生・高校生になると受験準備でお金が必要になるので、あまり小学生の内に習い事でお金をかけすぎるのは禁物です。
時間とお金の余裕も残しつつ、習い事を始めるのが大切ですね。
夏休みや冬休み・春休みなどを利用した短期集中講習などを利用するのも賢い習い方の一つです。

<関連記事>

習い事子供にいつからさせるのがいい?成長に役立つおすすめを紹介!

 

子供の習い事長く続けるコツは?辞めたがる子にどう対処する?

 

習い事を子供にさせるのに共働きでは無理?送迎はどうしてる?

スポンサーリンク

-育児のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供のフッ素塗布で歯医者に行くのはいつから?頻度は?料金は?

一才半検診である歯科検診で、フッ素塗布を勧められますよね? フッ素は、子供の虫歯予防に本当に有効なのでしょうか? 検診以外では、いつから歯医者さんに行くべきなのか、どのくらいの頻度にするべきなのか、悩 …

七五三男の子で3歳はしない?写真だけ撮る場合時期はいつがいい?

お子さんの七五三をどうしようか悩んでいる人多いのではないでしょうか? 特に初めての3歳の場合は、まだ小さいのでちゃんと着付けが出来るか心配になりますよね。 スポンサーリンク 男の子の場合は、3歳で七五 …

七五三の知っておきたい知識まとめ

お子さんの健やかな成長を祈願する七五三。 初めての着物でのイベントではないでしょうか。 スポンサーリンク 数え年でする人、満年齢でする人、最近は様々ですが、3歳の場合だとまだ小さいので、上手く記念撮影 …

ランドセル購入はいつからするの?早いほうがいい?選ぶポイントは?

年長さんのお子さんをお持ちのパパ・ママさん。 ランドセルはいつから探し始めていつ購入するのが良いのか悩みませんんか? 保育園や幼稚園から、春頃にはランドセルメーカーの冊子が色々手渡されますよね。 でも …

夏休みの自由研究で作る牛乳パック貯金箱の作り方まとめ

  スポンサーリンク   夏休みの自由研究で工作をしようと考えているのであれば、 お家にあるもので貯金箱を作ってみてはいかがですか? 牛乳パックを使えば耐久性もあるし、 ハサミで切 …