心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

料理について

手作りのお弁当についてまとめ

投稿日:2018年7月15日 更新日:

毎日のお弁当作り。
自分用だったり、旦那さん用、お子さん用など、作ってあげる相手は様々。
食べてもらう相手によって、中身も変わります。

そして、お弁当を持ち歩く先の環境もそれぞれ違います。
冷蔵庫や電子レンジなどない場所であれば、色々工夫が必要です。

特に夏場のお弁当は食中毒が心配!
安心して食べるために、どんな工夫をしたら良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

遠足のお弁当保育園児にはどんな物?定番のおかずと簡単に出来る物は?

保育園の遠足や園外保育で持たせるお弁当。

外で食べるので、普段よりも更に食べるのが難しいはずです。

小さいお子さんだと尚更ですよね。

見た目や栄養バランスも大事ですが、お子さんが食べやすいお弁当にすることも重要です。

どんなものを入れたらいいのか、みんなに人気の定番おかずは何か、簡単に出来るアイディアおかずなどまとめました。

初めての遠足弁当、気負わず頑張りましょう!

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

お弁当が腐る夏場の原因と対策は?おかずで腐るものは何?

毎日のお弁当作りお疲れ様です。

せっかく作ったお弁当が、お昼に開ける頃に傷んでいた・・・なんてことありませんか?

一品だけならいいのですが、他のおかずにも触れているとちょっと危険ですよね。

全て食べられないなんてこともあります。

お弁当が腐る原因として、どんな環境だと起こりやすいのでしょうか?

どんな食品にどんな細菌が付着するのでしょうか?

腐らせない為の対策や、どんなおかずだと傷みやすいのかまとめました。

これを知っておけば、お弁当を腐らせなくて済むはずです(^^)

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

お弁当のご飯温かいまま詰めると危険?冷たい状態・前日詰めるのは?

毎日詰めるお弁当のごはん。

皆さんは、朝炊きたてをお弁当に詰めていますか?

炊きたては美味しいですが、お弁当に詰めるときは、冷ましてから蓋をしないと危険ですよね。

特に、夏場は気を付けないといけません。

冷まさないとどう危険なのか、どれくらい冷ましたらいいのかまとめました。

お弁当のごはんに冷凍ごはんを入れる事もありますよね。

冷凍のごはんだと、どうしてもベチャベチャになってしまい、美味しくなく、我慢て食べることも・・・。

お弁当に詰めるときに、ごはんを美味しくする工夫を紹介します。

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

お弁当用冷凍作り置きは自然解凍で詰めて大丈夫?やり方と保存期間は?

おかずの作り置き、最近では作り置き専用のレシピ本まで多く出る位一般的ですよね。

沢山作って冷凍にするのですが、お弁当の作り置きも冷凍にします。

こうすると、そのままお弁当に詰めたら保冷剤代わりになって食べる頃には丁度良く解凍されているので、活用する人が多いみたいです。

でも、この方法の場合、夏場でも大丈夫なのでしょうか?

細菌の繁殖は15〜45℃が適温帯で、35℃が一番繁殖しやすい環境だと言われています。

ゆっくり解凍されている間に水分も出ますし、適温帯には入ってしまいますよね。

お弁当に詰める時のポイントと冷凍作り置きの保存可能期間などをまとめました!

<続きはこちらをご覧ください>

スポンサーリンク

 

 

 

お弁当を夏の車内に置く時の工夫紹介!保温ジャーや曲げわっぱは?

旦那さんが外回りのお仕事の場合、毎日のお弁当を車内に置かないといけない場合もありますよね。

夏は、本当に危険!

車内の温度は、エアコンを切ると60〜70℃位に上昇すると言われています。

お弁当がすぐ傷んでしまいますよね(~_~;)

でも、夏の車内に置くのに保冷剤を1〜2個入れたくらいでは、到底足りません。

安心して食べるにはどんな工夫をしたらいいのか、ご紹介します。

お弁当箱の工夫として、保温ジャーや曲げわっぱの使い勝手もまとめました。

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

子供のお弁当夏場に気を付けたいポイントは?傷みにくい物&レシピ紹介!

夏場にお子さんへお弁当を持たせる人も多いのではないでしょうか?

夏は食べ物が傷みやすいので、お子さんのお弁当もかなり気を使いますよね(~_~;)

お子さんのお弁当作りで、気を付けたほうが良いポイントはあるのでしょうか?

傷みにくいメニューなんてあるのでしょうか?

まとめてみました!

是非レシピも参考にしてみてくださいね。

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

お弁当のシリコンカップ衛生面は大丈夫?洗い方は?匂いの対処法は?

お弁当作りに便利なシリコンカップ。

色が鮮やかでお弁当の彩りにも良いですよね。

洗って何度でも使えるので経済的です。

でも、衛生面は大丈夫なのでしょうか?

何度も繰り返し使ううちに匂いもしてきたりします。

シリコンカップの洗い方と、匂いが出た時の対処法をまとめました。

<続きはこちらをご覧ください>

 

 

 

保温ジャーお弁当箱は夏でも使える?保温時間は?人気商品を紹介!

お弁当のごはんやおかずを温かいまま頂ける保温ジャー。
これって夏でも安全に使えるのか、気になりますよね。
夏場のお弁当の鉄則は、傷まないように保冷剤でガンガン冷やすことですから、真逆の発想になります。

保温を保ってくれる時間は何時間なのかも気になります。

筆者も実際に使っている保温ジャーのおすすめもご紹介します!
<続きはこちらをご覧ください>

 

 

お弁当温かいまま持っていく方法!そのまま蓋をすると冬でも危険?

お弁当は冷やして持っていくのが安全とされていますが、固くてパサパサして美味しくないですよね。
出来ることなら温かいまま食べたい・・・
冬場なら大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、実際どうなのでしょうか?
温かいまま持っていくコツと冬場のお弁当についてまとめました!
<続きはこちらをご覧ください>

 

お弁当のおかずで汁漏れを防ぐアイテムや水分を取る食品やレシピは?

お弁当作りで心配なのが、汁漏れしないかがありますね。
カバンが汚れたり、臭いが付いたり、汁漏れするとかなりストレスです。
お弁当の汁漏れを防ぐアイテムや水分を吸収してくれる食品をご紹介します。
汁気の少ないおかずレシピも参考にしてくださいね。
<続きはこちらをご覧ください>

 

お弁当を温かいまま持っていくランチジャーを使わない方法を紹介!

冬にお弁当を温かいまま持っていくのに便利なランチジャーですが、購入するとなると結構値段が高いですよね。
そして結構ごついので、男の人の弁当というイメージがあります。
そんな人の為に、身近にあるもので出来る、ランチジャーを使わずに温かいままお弁当を持っていく方法をご紹介します!

<続きはこちらをご覧ください>

スポンサーリンク

-料理について
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卵の保存はパックから出すべき?ドアポケットは使う?向きは?

卵の保存方法ってどうしていますか? 基本的には卵は常温でも大丈夫です。 ただ、冷蔵で保存したほうが鮮度が長持ちします。 特に、生や半熟で食べる場合もありますから冷蔵のほうがおすすめです。 スポンサーリ …

もち麦50gで何合分になる?水はどれ位入れるの?カロリーは?

スポンサーリンク もち麦をご飯と一緒に炊きたいとき、お米1合に対してもち麦は何合入れたらいいのか、ちょっとわからないですよね。もち麦50gで何合分になるのか、ご紹介します。もち麦ご飯を炊く時の目安にし …

土鍋ご飯が焦げる原因と対策は?水加減・米三合の炊き方を紹介!

スポンサーリンク 土鍋で炊いたごはんって美味しいですよね。我が家でも毎日土鍋でご飯を炊いています。 でもせっかく土鍋で炊いたのに焦げるとこびりついて食べられない部分もあったりして。土鍋を使い始めた最初 …

筍の下処理前に皮を剥いてしまった場合は?米ぬかなしは?保存方法は?

春は野菜や山菜が沢山取れて美味しい季節ですね! その一つが筍。 春の味の一つですよね。 先日直売所に行ったら、丁度良いサイズの筍が安かったので、初めて自分で買ってみました! いつもは有難いことに毎回頂 …

お弁当を夏の車内に置く時の工夫紹介!保温ジャーや曲げわっぱは?

お弁当を毎日持って行く人は、本当に毎日お疲れ様です。 お弁当作りって結構大変ですよね。 特に営業などで、外回りの多いお仕事の人はお弁当を車内に置いておかないといけない場合も多いですよね。 その時に心配 …