心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

料理について

子供のお弁当夏場に気を付けたいポイントは?傷みにくい物&レシピ紹介!

投稿日:2018年7月12日 更新日:

夏に持たせるお子さんのお弁当、傷まないか心配ですよね。
幼稚園に通うお子さんや学童に通うお子さんは、夏でも毎日お弁当が必要だと思います。

夏だからこそ使えない食材やメニューもありますし、毎日何を入れていいのか悩んでしまいますよね。

今回は、子供のお弁当で夏場に気を付けたいことや、傷みにくい食品、夏におすすめのレシピなどご紹介していきます。
これを読めば、夏場のお弁当作りに悩まなくてすむかも!

スポンサーリンク

 

子供のお弁当で夏場の注意点は?

夏に作るお子さんのお弁当。
特に注意してあげたいですね。
ポイントをまとめました。

 

お弁当箱をしっかり洗浄&乾燥

特に油分などのこびり付きや残りカスはないか、しっかり確認しましょう。
もし残っていた場合、そこから細菌が発生しやすくなります。
洗ったあとは、良く乾燥させることも重要です。
生乾きのまま使ったり、食器棚に片付けないようにしましょう。

 

味見した菜箸やスプーンは使わない

口をつけた菜箸やスプーンで、お弁当のおかずを詰めるのは危険です。
細菌がお弁当に付着します。

 

お弁当箱を除菌

食材を詰める前に、お酢を含ませたキッチンペーパーで一拭きすると殺菌効果があります。
レモン汁でもOKです。

 

しっかり加熱する

75℃以上で1分以上加熱することでほとんどの菌が死滅します。
生で食べられる加工食材(ちくわ・はんぺん・ソーセージ・ハムなど)も必ず1度火を通すことが夏場は大事です。

 

海苔巻きおにぎりはしない

ご飯が温かいうちに海苔を巻いてしまうと傷みやすくなります。
夏は、ご飯と海苔と別々にして入れると良いでしょう。
食べる直前にお子さんが自分で巻くようにしてください。

 

生野菜は入れない

生野菜は時間が経つにつれ、どんどん水分が出て傷みやすくなります。
また、トマト・キュウリ・レタスやオニオンなどの生野菜を使ったサンドイッチも夏は控えましょう。

 

炊き込みご飯ではなくふりかけや梅ご飯にする

炊き込みご飯は腐敗しやすいです。
水分が少ないふりかけご飯や梅干しやゆかり、塩、ゴマ、少量のお酢などをかけた混ぜ込みご飯が夏はおすすめ。

 

デザートは冷凍にする

お子さんのお弁当にはフルーツを添えること多いですよね。
夏場は、フルーツを冷凍して別容器に入れ、持たせるようにしましょう。

 

 

 

子供のお弁当作りで傷みにくい食品は?

揚げ物

揚げ物は水分を飛ばして調理するメニューなので、夏場のお弁当向きです。
使う油は、オリーブオイルやごま油ならより安心です。
お子さんが喜ぶからあげやナゲットなどがおすすめです。

 

梅干しを使ったメニュー

梅干しは昔から傷み予防にお弁当やおにぎりに使われていました。
梅干しを入れてご飯を炊いたり、梅肉でお肉を巻いたり、きゅうりを和えたりしても良いですね。

 

お酢やレモン汁などの酸味を使ったメニュー

お酢やレモン汁は腐敗予防になります。
酢の物やマリネなど入れるのはおすすめです。

スポンサーリンク

 

カレー味などの香辛料を使ったメニュー

カレー味などのスパイシーな香辛料なら、腐敗防止にも役立ちます。
カレー粉を少し足して調理しても良いですね。
お子さんも好きな味です。

 

冷凍食品を入れる

小さいゼリーを凍らせておいた物を入れると保冷剤変わりに。
冷凍枝豆をさっと水を掛けて少しだけ戻して中身を出してピックに指します。
これも保冷剤変わりになります。

 

 

危険な卵や生野菜は・・・

彩りに便利なプチトマトを入れるのなら、トマトをベーコンで巻いて楊枝で留めて火を通すと安心です。
同様に彩りに使うブロッコリーは、チーズを乗せてトースターで焼くと、夏場でもお弁当に入れられます。

卵も夏場は危険ですが、うずらを煮卵で味付けしたら濃い味になり、しっかり加熱されるので安心ですよ。

 

 

 

夏の子供のお弁当おすすめレシピ

子供のお弁当は、元気に遊んで汗をかくので塩分は少々強めでも良いかもしれません。
またスタミナが必要なので油ものも良いですよね。
小さい子供は特にたんぱく質も多く必要なので動物性のものも1種類ではなくできれば数種類入れるようにしましょう。

 

にんじん&いんげんの豚肉巻き

にんじん&いんげんの豚肉巻き☆
出典:クックパッド
お肉に巻いてしまえば、野菜だってすんなり食べられます。

 

梅巻きトンカツ

お手軽!梅巻きトンカツ
出典:クックパッド
梅肉入りトンカツなら、傷み防止になりますし、さっぱり食べられます。

 

枝豆チーズ春巻き

揚げ焼きでOK♪「枝豆チーズ春巻き」
出典:クックパッド
枝豆の彩りが綺麗な一品。春巻きにすると子どもが大好きなメニューに。

 

ササミてり焼き巻き寿司

♫♫♬ ササミてり焼き巻き寿司 ♫♫♬
出典:クックパッド
酢飯にしてあれば夏場も安心。
のり巻きだと子どもも食べやすいですね。

 

簡単甘めの酢豚

子供も喜ぶ☆簡単甘めの美味しい酢豚☆
出典:クックパッド
酢豚もお酢が効いているので、夏場におすすめの一品です。
甘めなので、子供でも食べやすい。

 

 

 

夏の子供のお弁当 まとめ

お子さんのお弁当だと、頑張ってデコ弁など作ってあげるママもいらっしゃると思います。
お子さんは喜びますが、夏場は控えたほうがいいかもしれません。
デコ弁でよく使う、海苔や卵やカニカマやハムなどが夏場は危険だからです。
夏場のお弁当は、いつもよりちょっと彩りが悪くなってしまうかもしれませんが、安全に食べられることを第一に考えましょう。

 

<関連記事>

お弁当が腐る夏場の原因と対策は?おかずで腐るものは何?
お弁当のご飯温かいまま詰めると危険?冷たい状態・前日詰めるのは?
お弁当用冷凍作り置きは自然解凍で詰めて大丈夫?やり方と保存期間は?
お弁当を夏の車内に置く時の工夫紹介!保温ジャーや曲げわっぱは?
お弁当のシリコンカップ衛生面は大丈夫?洗い方は?匂いの対処法は?

スポンサーリンク

-料理について
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お弁当を夏の車内に置く時の工夫紹介!保温ジャーや曲げわっぱは?

お弁当を毎日持って行く人は、本当に毎日お疲れ様です。 お弁当作りって結構大変ですよね。 特に営業などで、外回りの多いお仕事の人はお弁当を車内に置いておかないといけない場合も多いですよね。 その時に心配 …

年末年始大人数の料理を冬の旬食材で作る!鍋は?作り置き活用法は?

年末年始は、親戚が集まる機会が増えますよね。 自宅に招くこともあるのではないでしょうか? そんな時は、大人数の料理を用意する場面もあるのではないでしょうか? 普段、家族の食事の用意しかしていないのが普 …

お弁当のシリコンカップ衛生面は大丈夫?洗い方は?匂いの対処法は?

毎日のお弁当作りに大活躍するシリコンカップ。 洗って何度でも使えるので便利ですよね。 電子レンジでおかずをそのまま温めることも出来ますし。 スポンサーリンク ただ、何度も使っていて衛生面は大丈夫なのか …

お弁当のおかずで汁漏れを防ぐアイテムや水分を取る食品やレシピは?

お弁当のおかずで詰めるときに気になるのが水分ですよね。持ち運ぶときに汁漏れしてしまったら大変です。美味しくなくなりますし、ベタベタしてしまいます。汁漏れを防ぐ方法や水分を取ってくれる食品、汁気のないお …

卵の保存はパックから出すべき?ドアポケットは使う?向きは?

卵の保存方法ってどうしていますか? 基本的には卵は常温でも大丈夫です。 ただ、冷蔵で保存したほうが鮮度が長持ちします。 特に、生や半熟で食べる場合もありますから冷蔵のほうがおすすめです。 スポンサーリ …

最近のコメント

    お問合せはこちら