心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

季節の行事

徳島阿波踊りの見どころは?初心者の楽しみ方やおすすめ連紹介

投稿日:2018年7月5日 更新日:

徳島市阿波おどりは毎年8/12〜15の18:00~22:30で行われます。
(昼間もいろんなところでやってます)

出場する連は1日200連(4日間でのべ800〜900連)くらいですが、よく練習しているプロ並みの有名連から、あまり練習していない連まで様々です。

その中で徳島市阿波おどり振興協会に所属している連が14連、徳島県阿波踊り協会に所属している連が17連あります。
これらが有名連です。

4箇所の有料演舞場アスティとくしまあわぎんホール2箇所ある無料演舞場や街角至るところにある踊り広場では有名連の他、残りの百数十連や飛び入りの観光客が踊り狂います。

 

はじめての人はどこを見に行ったらいいのか、どの時間がいいのか、迷ってしまいますよね。
今回は、そんな徳島阿波踊りの見どころや楽しみ方、おすすめの連などをご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

徳島阿波踊りの見どころは?

徳島阿波踊りは、徳島の盆踊りのことです。

でも、普通の盆踊りと違って輪になって踊りません。

念仏踊りと言って、昔は踊りながら念仏を唱えていたそうです。
なので、列になって前へ進む踊り方なんですね。

踊りは連ごとに特徴が全然違います。
男踊り・女踊り・子供踊りといった違いでも印象が様々なので、タイプの違う踊りを楽しみましょう。

 

演舞場はどこに行ったらいい?

まずおすすめは「藍場浜演舞場」です。
規模が大きくて、華やかです。
有名連も数多く出演します。
徳島駅やバスターミナルからも近いので、アクセスしやすいのも利点です。
有料桟敷券を早めに買っておくことをおすすめします。

次におすすめなのは「市役所前演舞場」です。
メインの審査員席があるため真剣に踊る連が多いからです。
こちらも有名連が多く出演します。

チケットの購入はこちらをご覧くださいね。

 

無料で見られる演舞場ばかりで見ると、ほとんど練習していない連や県外学生連の残念な踊りが続くような場合もあります。
なので、せっかく見に行くならお金を出してみたほうが良いです。

因みにどこの演舞場でもそうですが、踊りの連の入口端の席や出口端の席だと、目の前は歩いて移動となって前で踊ってくれない場所もあります。
チケットを購入する際は注意しましょう。

 

 

2017年までは南内町演舞場が人気だった

以前は、4箇所ある有料演舞場のうち、南内町演舞場だけで有名連による合同フィナーレが22:00から行われていました。
これが物凄い人気で、この時間帯は他の有料演舞場の観客数が伸び悩んでいました。
南内町演舞場だけで行なわれていた総踊りを中止にし、有名連を4つの演舞場に割り振って、22:00以降でも振興協会の踊りを見れるようになりました。

 

 

 

徳島阿波踊りの楽しみ方

徳島阿波踊りで一緒に踊ってみる

やはり徳島阿波踊りの一番の醍醐味は「見る阿呆」よりも「踊る阿呆」になることです。
「にわか連」と言って、当日受付をして参加できる方法もあります。

・徳島市役所前市民広場

・元町おどり広場

18:3020:30の2回受付しています。

スポンサーリンク

 

 

踊りを習ってみる

「おどり広場」で阿波踊りを教えてくれます。
飛び入りが恥ずかしかったら、踊りを覚えるだけでも是非やってみましょう。

・元町おどり広場

・新町広場

・両国広場

・両国橋南おどり広場

 

 

空き時間に観光も

阿波踊り会館徳島駅地下街でお土産を選んだり、ロープーウェイで眉山山頂に登るのもおすすめです。

 

演舞場の近くにある、新町川水際公園ボートハウス前では、ひょうたん島クルーズが楽しめます。
阿波踊り期間中は、9:00〜15分毎に出航しています。
料金は大人200円とリーズナブルなので、是非川から街並みを眺めてみてください。

 

屋台のお店も充実していますので、散歩がてら周辺を歩いて夜店を楽しむのも良いです。
新町川水際公園の両国橋から新町橋までの川沿いが一番屋台数が多いです。

 

 

 

徳島阿波踊りの絶対見るべきおすすめの連は?

おすすめの連は人それぞれ違うとは思いますが、特に人気の連をご紹介します。

 

娯茶平連

阿波おどりの基本のようなものです。
先ず、初めての人は見ておくべきでしょう。

 

葉月連

迫力のある男踊りはとても魅力的です!

 

天水連

個性を生かした上品な踊りです。

 

やっこ連

その名の通りやっこのように動き回る面白い連です!

 

レレレの連

ほうきを持って踊るという変わった踊り方です。

 

徳島の阿波踊りの有名連は、だいたい5月1日くらいから練習を開始します。
はじめは体を慣らす程度に週2〜3回。
本番1か月前位からは内容も激しくなり、前夜祭などの舞台で踊るフォーメーションなども毎日練習するようになります。
時間は連員の仕事が終わる夕方6時くらいから2時間くらいです。
そうやって練習してお盆が終わると練習はなくなりますが、いろんなイベントが県外でもあって、一年中どこかで踊っている感じです。

 

 

 

徳島阿波踊りの見どころ まとめ

いかがでしたか?
徳島阿波踊りは今や世界でも注目されています。
一度は見てみたいですよね。
是非、お気に入りの連を見つけてくださいね!

他にも徳島阿波踊りのチケット、宿泊、観光についてはこちら!

スポンサーリンク

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

板橋区花火大会へのアクセス・穴場4選!見どころ紹介!

  東京の板橋区花火大会は 昭和に埼玉県戸田市と県境を整理した時を記念して 2ヵ所同時開催の花火大会を行うことになりました。 昭和27年から続いている人気の花火大会で、 52万人もの動員があ …

足立の花火打ち上げ場所・穴場を紹介!屋台はどこに出る?

  約100年の歴史があり、 東京の花火大会で1番早く開催される足立の花火。 「関東の花火大会行ってよかったランキング1位」にも 選ばれています! 例年7月第3土曜日頃に開催されています。 …

宝くじ年末ジャンボが当選しやすい売り場と買い方。何枚買う?

  スポンサーリンク 年末ジャンボ宝くじは 2017年11月27日〜12月22日まで今年も販売されます。 一年の中で一番買う人が多い年末ジャンボ。 1等前後賞合わせて10億円です。 当たれば …

佐原の大祭夏祭りの日程と場所・駐車場、山車スケジュール紹介

スポンサーリンク   関東三大祭りの一つである千葉県の 佐原の大祭。 これは夏祭りと秋祭りがあり、 国の重要無形民俗文化財であり、 ユネスコの無形文化遺産に登録されています。 迫力ある山車と …

みなとこうべ海上花火大会の日程・おすすめ穴場・最寄駅を紹介!

  スポンサーリンク 神戸の夜景をバックに花火が楽しめる みなとこうべ海上花火大会。 行ってよかった花火大会ランキング関西1位 人気花火大会ランキング関西1位 で、毎年30万人もの人が集まり …

最近のコメント

    お問合せはこちら