心を豊かに生活を楽しむ!スローライフのススメ

30代女性の為の美容・健康・生活についての情報をお届けします。

育児のイベント

入学祝いの金額(甥・姪)高校進学の場合は?のし袋の書き方解説

投稿日:2017年12月13日 更新日:

 

兄と姉の子どもである甥っ子二人の高校進学が決まりました。
二人もいるので、叔母としては入学祝いが痛手です・・・
一体いくら包めばいいのでしょうか?
のし袋には何と書けば良いのでしょうか・・?

いろいろ調べてみました!

スポンサーリンク

 

 

入学祝いの金額相場(甥・姪) 高校進学の場合は?

 

入学祝いの金額の相場アンケート結果です。

親戚の場合   5000~10000円(多い場合30000円)

友人の場合   3000~5000円

 

一般的に10000円を包む人が多いようです。
これは、小学校・中学校・高校・大学一律変わらない金額です。

 

現金以外でもいいようです。
例えば、図書カード・商品券・文具券・腕時計・通学かばんをお祝いの品物として贈ります。
他の人とかぶらないように、事前に何が欲しいのか聞いたほうがいいと思います。

 

入学祝いは遅くとも入学式の2週間前までには贈るようにしましょう。
気を付けたいのが、贈るのは本人ではなく親に渡します。
高校生だと本人に渡したくなりますが、あくまで学校生活に必要な物の購入に充ててもらう意味があります。
本人がいる前で、親に手渡しましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

入学祝い金額 のし袋への書き

 

入学祝いののし袋は紅白の蝶結びの水引きで贈ります。
同じ紅白でも、結びの先端が上向きの結びきりは結婚式用なので注意が必要です。

表書きには、

「入学御祝」 「祝御入学」 「御入学御祝」  と書きます。

中袋には漢数字の金額と渡す側の名前と住所を書きましょう。

 

 

 

入学祝いの金額は偶数でも大丈夫?

 

入学祝いで贈る金額は、5000円・10000円・30000円でないといけないのでしょうか?
よくお祝いごとでは偶数は縁起が悪いと言いますが、20000円ではやっぱりいけないのでしょうか?

 

2は別れを予感させる数字として、結婚式では贈らない金額です。
どうしても20000円贈りたい場合は、5000円を組み合わせて3枚にして贈ったりもします。

しかしながら入学祝いは別れなどの意味合いはないので、そこまで気にしなくてもOKです。
心配な場合は、1万円現金で、もう1万円は図書カードで贈るという手段もあります。

 

わたしの友人は、本人に1万円、親御さんに1万円それぞれ贈ったという人もいます。

 

 

 

入学祝い金額まとめ

 

この記事を書いていて、昔自分自身が高校入学の際に、兄に腕時計を買ってもらったことを思い出しました。
とても嬉しかったですし、電車通学だったので腕時計は必需品でしたので、活用できました。
品物を贈るのも、記憶に残りやすく喜ばれるかもしれませんね(^^)

スポンサーリンク

-育児のイベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の歯磨きでフロスは必要?いつから?使い方で注意することは?

以前、友人の子供さんが虫歯になり、歯医者さんで治療をすることになったと聞きました。 そのお子さんはまだ3才です。 前歯に虫歯が出来たそうで、歯医者さんからは、デンタルフロスを日常的に使うように指導され …

お名前シール防水タイプでおすすめはこれ!ランキング紹介!

  お子さんの入園準備に追われる時期ではありませんか? 色々と揃えるものも多いし、合わせて全てに名前をつけなければいけないので大変ですよね。 時間がないときは、お名前シールを作っておくと安心 …

七五三女の子3歳で髪型がショートや薄い子でも大丈夫?

我が家の愛娘、今年3歳の七五三を迎えます。 初めての七五三、今までで一番可愛い姿で写真に残してあげたいけど、心配なのは髪型。 髪の長さは何とかボブ位までありますが、髪が細く、まだ薄いんですよね。 小さ …

遠足のお弁当保育園児にはどんな物?定番のおかずと簡単に出来る物は?

  スポンサーリンク   保育園の遠足が近くなると、お弁当に悩まされますよね。 まだ綺麗に一人で食べられないのに、屋外でママなしで食事をするんですから。 お子さんのストレスなく、楽 …

ランドセル男の子スポーツブランドは人気?アディダスやプーマの特徴

男の子だったら誰もが憧れるのが、スポーツブランドのランドセルではないでしょうか? 特にスポーツをしていなくても持っている子は多く、高学年になるほどスポーツブランドの持ち物はみんな増えていくくらい、男の …

最近のコメント

    お問合せはこちら